やっぱ、工事現場で使用する連絡ツールは、レジャーユースの特定小電力トランシーバー(電波の強さ10mw)では力不足です。まず、電波の到達距離が短い、ボリュウムが小さい。到達距離は何とかかなるが、ボリュウムの小さいのは致命的です。相手が何を言ってるか分からないと非常に危険です。特定小電力トランシーバーは業務ユースではないので仕方がないのですが、現場の皆さん、業務ユースのデジタル簡易無線機(電波の強さ5w)を強くおすすめ致します。イヤホンを付ければ良いのですが、それは、それで・・・
※ デジタル簡易無線機を使用するには、総務省に登録が必要です。
(画像をクリックで拡大)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください